ダーティハリーのように

私は古い映画を見るのが結構好きです。

クリント・イーストウッドのダーティハリーの1、2、3などは

ヘビーローテーションで見ています。

ダーティハリーは大変寡黙で、ほとんど言葉を発しませんし

感情をあらわにすることもありません。

ハリーが相手にしているのは、単純にみれば犯罪者のように見えます。しかし

本当は警察の上司であったり、マスコミなどの体制側の人間です。

彼が、その人たちを見るときのさびしいようなかなしいような表情が

心のすみから消えません。

どんな言葉を重ねるよりも、ハリーのその表情を見ただけで心に響く

ものがあるのです。

発信者として私もダーティハリーを見習いたい。

なにも話さなくても顔だけでミッチェルとあけみデラックスに

色々なことが伝えることができるように頑張ります。